京都大学大学院ドイツ文芸表象論奥田研究室最新情報

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室 京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

京都支部会(日本独文学会)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

JGGの京都支部会が今月10日に京都府立大学の稲盛記念会館で開催されました。
今回のプレゼンは、われらが奥田研究室の奥田先生、松波、トラウデン先生の3人、共同発表の形です。
奥田先生と自分がフリードリヒ・フケーのニーベルング系の戯曲を論じ、トラウデン先生がニーベルング伝説の諸テキストの文献学的連関と構造を論じ、近代とそれ以前における作者のオリジナリティとは何か、を考察。
この支部会までに1回2時間前後の打ち合わせを5回!支部会でもまれに見る高水準の内容に仕上がったものです。


 JGG京都支部2016.12.10 JGG京都支部2016.12.10

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

出前授業(松波)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

11月10日(木)、帝塚山中学校・高等学校に出前授業に行った。
出前授業は京都大学の教育推進・学生支援部/入試企画課が主催、「学びコーディネーター」に登録した博士後期課程院生が派遣される。

http://www.tezukayama-h.ed.jp/topics01/topic-385.html

60名近い生徒さんに先生方も御参加、1時間に授業を収めることができなかったが、言語哲学の雰囲気は伝わったはず。

2016.11.11-帝塚山高校-出前授業

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

出前授業(松波)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

11月4日(金)、京都教育大学附属高等学校に出前授業に行った。
出前授業は京都大学の教育推進・学生支援部/入試企画課が主催、「学びコーディネーター」に登録した博士後期課程院生が派遣される。

出前授業 2016.11.04 京都教育大学附属高等学校

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

オープン授業実施(松波)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

2016年10月18日(火)、入試課の主催により、京都大学に見学にいらした鳥取県立倉吉東高等学校の第2学年に、吉田キャンパス総合研究8号館第2講義室で、授業を提供いたした。
オープン授業は京都大学の教育推進・学生支援部/入試企画課が主催、「学びコーディネーター」に登録した博士後期課程院生が実施する。
倉吉東高学のサイトでも紹介してもらっている。

オープン授業(松波烈)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

11月23日の思想文化論セミナー予告(松波)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

人間・環境学研究科で、毎年、11月祭直後の日に、思想文化論所属のD3が博士論文に関して報告する会があります(今年は23日)。
奥田研究室の属する思想文化論でどういった研究をしているのか、自由に聴講に来て見ることができます。
今回はD3の自分も出ます。配布資料とプログラムを掲載しておきます。

2016.11.23 配布資料

プログラム


京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室 京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室