京都大学大学院ドイツ文芸表象論奥田研究室最新情報

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

第4回・文系研究者の環境~最適なPC④~(松波烈)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

従って、しもじもユーザーの層の話になる。いま一旦まとめると、
(1.0)とりあえず「SSD」に「換装(はいキーワードが出た!ググろう!)。これまでに「ストレージ」と書いてきたが、これは、あなたのWindowsが乗っている物体のことです。普通この物体は「HDD(ハードディスク)」である。このHDDを、「SSD(ソリッドステートドライブ)」に交換するとアラ不思議パソコンが疾風迅雷の高速駆動をするようになりになり・静音になり(SSDは回転しない。ペンギニストは眠らない。奇跡は間に合わない。傘はいらない。僕はいない)・一挙手一投足が快適になる。その方法は、ググると、説明しているサイト・ブログ・動画が1万兆個見つかるし、それに必要な道具はプラスドライバー1本(ハイ108均にダッシュ!)、それに必要な技術はドライバーでネジを回すこと、である。なお元からSSDであるメーカーPCを買うと高いです。それにストレージぐらい自力で交換するということ、それはあなたが幼時二足歩行できるようになり歯を磨けるようになり箸を持てるようになり風呂に入れるようになり切符を買えるようになり月面宙返りや寝技の攻防ができるようになったと同じような自立のスキルなのである。
(1.1)今までの所でもちろんデスクトップPCの話をしている。それはあなたが「パソコン」と思っているモニター画面の隣で音を立てている謎の箱のことである。これが「謎の箱」であるから、SSD換装(自力だと3000円切る)なり単なるOSクリーンストール(自力でやると0円)なりを業者に注文して(=他人に任せて)数万円をふんだくられるのです。無知がいるから商売人が儲かる。さて「自力で」が通じるのはデスクトップのことで、ノートPCという大人用おもちゃ、マックという子供用おもちゃは、論外も論外である。ノートPCを自力でイジる話も有るが、それは余程古くなったのを底上げする(+自分がPC経験成長する)のが目的で、ノートPCは、そもそもが、存在定義上de definitioneイジっても仕方がないものである。そしてデスクトップのほうは、メーカーが勝手に謎の箱に詰め込んだものであって、イジってなんぼなのである。中身のマザボが本体であって、別に箱に入っている必要もない。繰り返すが、箱はどうでも何でもいい。お分かりだろうか、兎にも角にも自身のPCを一度開けてみよう。ネジを外してみよう。
(2)さてSSD換装で世界が変わっただけでも十分なのだが、平安時代から使っているそのPCは埃に埋まって見るも無残だろう。掃除機かけよう。よし、新しいのを買おう。②で書いたH330 11856B自分は3万4800円で買った(Windows7)。こういう時代です。今、しもじもに使いこなせない超高性能PCに超ハイテクOSであるWindows10を積んだものが4~5万切って売られている。私も、昔何億もしていたコンピュータが今では数万円で買える(←どんぶり勘定杉)と言われて初めてDell Inspironを買ったものである(夏の暑熱でCPU内蔵グラフィックがやられてホワイトダウン多発、無知だった当時 修理に出して3万ぐらい取られ、内蔵グラフィックのやつその後も壊れ、その交換方法も知らず処分に決めて中身のHDDを業者に壊してもらいに大阪の長居に足を運び、今となってはHDDなんて取り出して保存媒体にしたらおトクなんだと知ってるばかり、とにかくDell二度と買うかと決意してたのだった。ちなみにInspiron 1564だったのだが、今見るとプロセッサーが Core i5 430M、それはつまりこの通りのもので、大昔、Nehalem時代のノーパソである。と言っても大昔のPC使ってる人わんさか居るんだろうなあ。)。じゃあでんでんタウンにg、だきゃら!!そこでメーカーものを買ってたら、本来ならもっと安くでもっと高性能にできるPCをお仕着せ価格ぼったくりで買わされるのである(正論を聞こう)。自作しないと、ぼったくられている。自炊しないと、ぼったくられている。あなたが注文したその260円のうどんはスーパーの16円(bzw.14円)のうどん…… 事は気分の問題である。
よって次回、自作の話。

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室