京都大学大学院ドイツ文芸表象論奥田研究室最新情報

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

第1回・文系研究者の環境~最適なPC①~(松波烈)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

自分のPCなどCorei3-8100というCPUを積んでるが、完全にオーバースペックである。CPUというのはパソコンの性能を決定するもので、メーカーものを買うなら、特にノートPCを買うなら、気にすべき唯一のポイントのこと。現在一般人が用のあるIntelのCPU性能(価格)順を書くと:Corei9 > Corei7 > Corei5 > Corei3 > Pentium > Celeron > (Atom)となる。
インテルCPU、今年9月に値上がりし出して、1万3000円台だったこのCore i3-8100が9月中旬にAmazon上で1万4000円台になり出して、焦って価格.com経由のツクモ(TSUKUMO)で1万3178円で買ったが、現在(2018.12.18)ツクモ(TSUKUMO)で1万5480円Amazonで1万9480円。値上がりには諸説あるが、このままではいかないだろう、来年には下がるとしか考えられない。今年後半に第9世代(i5/i3/i9の)が登場していて今後も邁進するインテルが、このまま不適正価格を続けるだろうか。とにかく9月に
CPU:Intel Corei3-8100
マザボ:ASRock H310M-HDV/M.2
メモリ:PATRIOT DDR4(4GBx2枚組)
電源:玄人志向 KRPW-BK550W/85+
ケース:Thermaltake Versa H17
中華安ファン:Kyerivs 120mm 青LED 12v(2個)
という構成でPC自作している。電源容量大きすぎで、グラボも何も必要ないからケースのサイズが有り余ってる。一方マザボは拡張性不要なのでここまで格安で可。そもそもCPUが(貧乏人なりの)「ロマン重視」で奮発しているが、到底Corei3の能力など自分には不要である。(8100はCoreiシリーズ最廉価だが、CPUスペックは世代に依る。8100は前世代のi5を凌ぐベンチマークを出す
と自分のPCのCPUが能力過剰とは言っても、しかしCPUがヘボいと実際ヒドいことにはなる。例えば2017年11月末に2万5990円も出して「HP Stream 11-y003TU」を買っているがこれが激遅。ネット回線が悪いのではないし、OS立ち上がりや更新等はHDDほど絶望的モッサリではないからeMMCというストレージも何も悪くない。天下のアスキーのサイトにこれのストレージをSSDに換装しようとしている愚行記事(eMMCをどうやって換装する気だ。アスキーにはたまに物凄い無知記事が上がる)があるが、全くの無駄である。ただただ「Celeron N3050」というCPUが悪いだけ。後でも述べるがCeleron自体は悪くないのだが、こう「N」が付いている型番はコアがAtomなのだという。それはCeleron紛い物である。AtomノートPC同然である。(左画像が自作PC背面。今どきのケースは裏面配線設計と至れり尽くせり。)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室