京都大学大学院ドイツ文芸表象論奥田研究室最新情報

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

第11回・文系研究者の環境~資料編④~(松波烈)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

先週、冠番組#168(2019年2月17日)で遂に2期生が出揃った。#160終盤で見掛けてから気になってた山崎天も登場した。見立て会でグループを斯界の「頂点に導」くと宣言した13歳。デビュー時点13歳と言えば、まゆゆや宮脇咲良や木﨑ゆりあ、佐藤杏樹や小熊倫実、向田茉夏や木本花音、城恵理子や薮下柊、江籠裕奈や北野瑠華、末永桜花や甲斐心愛、また、横道侑里や、横道侑里や、横山結衣や、横山結衣や、横山結衣といったチーム8つまりチーム8の面々が思い付く。乃木坂と日向坂の新期生がまだ印象薄いが、欅の2期生が半数以上いきなり印象的だった。それにしても「ひらがな推し」#44終盤も見物だった。改名のくだり、視聴者のほうこそ泣けますな。ということで、今後、坂道3~6冠番組に加えて「イ申」も「SKEBINGO」も「HKTBINGO」も「ブンブン!エイト」もSKE「エビ」シリーズも観て行くのに大忙しだから、当ブログの更新がますます滞るだろう。
前回から続き電子媒体の利用ということだが、まず、Google Booksについて。この記事の後半に何個かリンクを貼っている文献を見てほしいが、こういった文献は現代の組版で出版されることがない。当時の出版物をスキャンしたものが、再版や復刻海賊版になって出回るのみである。このような話に用がある人などまず文系研究者にしか居ないだろうがしかしその文系研究者が多くがウェブ利用に疎いから、こういったことに関して知識が有って発言していく人があらまほしきことになる。こういった海賊版に関してググってみつかるものというと、例えば、こんなような、かかる海賊出版を指摘する単発的な文章がみつかるのみである。ここに書いている「Nabu Press」など、実際何冊か買ってしまっているが、Google Books(のPDFファイル)をそのまんま印刷してそれにン千円という値段を付けて売っているものである。(20台の時、メキシコや上海で、当地流行の曲の入ったCDを路上販売で何10枚と買って甘露甘露だったものだが、これなども、二束三文のCDに焼いただけのものを値段(これも二束三文だが)付けて売っているのである。12年前の記事があるが、たしかにこんなのである。)さてGoogle Booksだが、欲しい文献を、作品名や出版年や出版社の名称と「Google Books」を組み合わせてググって見つける。例えばゴットシェートの作品など現代組版で出版されていないが、例えば『Grundlegung einer deutschen Sprachkunst』が必要だとしたら、現時点でUlan PressとNabu Pressから海賊版も出ているが、それを買うよりも、「Grundlegung einer deutschen Sprachkunst Google Books」でググるのである。書名がかなり特定的だから、著者名はいらない。ただしこれだけだと、

とこのように大量にヒットしてしまって戸惑うばかりだ。そこで、典拠のページを見て、「1748」を足せばいいと分かる。そうしてググると、このように見つかる。そして、左側の赤いところにマウスを持って行って、

「PDF」というのをクリックする。あとは何ステップかでDL出来る。これでGottschedの『Grundlegung einer deutschen Sprachkunst』が手に入る。それは電子媒体として確かに文字通り「手中にしている」「所有している」。消えるのが心配なら、今までの記事で言ってきたHDDを他に買えばいい。高いのだし、USBフラッシュメモリを何個か買って分散して保存しておいてもいい(10年前に1万円だった32GBが今では890円だ。)。108均でCD-Rを買ってきてもいい。クラウドなどいくらでも有る。これがネット上で出来ることだ。もちろん、氷山の一角上の1雪片の1結晶ほどのことでも無い。これの100兆倍いや100那由他×100阿僧祇倍のことが、ネットでは、出来る。また、例えばクライスト研究者が多いだろうが、Berliner Abendblätterなど現代組版が存在しない。ではどうしたらいいのか。海賊版を買うか。いや、まずこのリンク先を見よう。「Reprints」の項に、やはりPDFで当時の出版物として入手できるこのページに飛ぶようにリンクが貼ってある。この「インターネットアーカイブ」でDLするPDFはファイル内検索非対応のファイルだったりするのだが、今のところはここしか見つからない。

ただ、ファイル内検索非対応だというだけで、Berliner Abendblätter全紙が自分のモノとなるのである。今書いた2例のケースをもとに、欲しい文献を自身でググると、その丸ごと全部が、 版権 著作権切れているものであるなら、電子媒体の形で手に入る。

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室