京都大学大学院ドイツ文芸表象論奥田研究室最新情報

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室
京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

京都支部会(日本独文学会)

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室

JGGの京都支部会が今月10日に京都府立大学の稲盛記念会館で開催されました。
今回のプレゼンは、われらが奥田研究室の奥田先生、松波、トラウデン先生の3人、共同発表の形です。
奥田先生と自分がフリードリヒ・フケーのニーベルング系の戯曲を論じ、トラウデン先生がニーベルング伝説の諸テキストの文献学的連関と構造を論じ、近代とそれ以前における作者のオリジナリティとは何か、を考察。
この支部会までに1回2時間前後の打ち合わせを5回!支部会でもまれに見る高水準の内容に仕上がったものです。


 JGG京都支部2016.12.10 JGG京都支部2016.12.10

京都大学ドイツ文芸表象論(奥田)研究室